着物通販ショップオンラインきもの見本市 | 着物仕立代金込価格

ようこそゲスト

「織の宝石」と称されるこの輝きは、ご存知『佐波理』だけの技法で織り成された逸品袋帯です。

2018年12月28日(金)
佐波理綴袋帯
お仕立て込:佐波理謹製 池口友啓 佐波理綴袋帯【和鏡定】


光の当たり具合によって、青色や紫色、緑色や茶色に美しく変化する地色に、和鏡の文様がふんだんに配置されております。
文様の中には鳳凰や松、鶴…様々な柄がデザインされております。
柄行の美しさもさることながら、薄暗い場所でも存在感を放つその輝きは佐波理にしかできない技術でございます。
「織の宝石」と称されるこの輝きは、ご存知『佐波理』だけの技法で織り成された佐波理綴れの逸品袋帯でございます。
佐波理といいますのは、奈良・正倉院に伝わる 聖武天皇の遺品「佐波理」という金属製の器の事で、見つめるほどに色が違って見えるといわれております。
そして、その名を受け継ぎ、織物として 「佐波理」は現代に蘇りました。
どうぞご覧くださいね♪
  << 【京の名門『とみや織物』】「もっとカジュアル着物を気軽に楽しんで欲しい」西陣織袋帯。 【新年あけましておめでとうございます】この時期ぴったりの非常に温かい絞り訪問着をご紹介 >>  

TOP