着物通販ショップオンラインきもの見本市 | 着物仕立代金込価格

ようこそゲスト


 

本場牛首紬


石川県指定無形文化財 牛首紬 釘にかけても破れない事から釘抜紬とも呼ばれている希少な逸品を貴女に・・・   日本の三大紬、大島、結城、そして牛首・・・その中でも生産数が一番少ないのがこの牛首紬で、年間生産数が9万反の大島紬に対して、牛首紬はたったの数百反と言われております。


牛首紬の特徴は糸にあります。
繭を煮て柔らかくし、手ですくい上げた糸を何本か合わせて筋こきに通し少し撚りをかけながら枠に巻き取ります。

糸をすくい上げる時に無理がないので、細くて長い、光沢をおびた弾力性のある糸が紡げます。 糸に空気を含ませる独特の糸処理で、綸子のような柔らかな着心地でありながら、「釘抜紬」の別名が残るほど強い織物です。

養老の昔、秦澄大師が開山した信仰の山白山の西麓、手取川の上流に沿って点在する集落があります。
糸引きから機織りまで、古くからの技法を守りながら織り続けてきた牛首紬の織里、白峰村です。
現在の白峰村は、牛首,風嵐、河内、桑島、下田原の5地域を併合して呼んでいます。
昭和63年牛首紬は、国の伝統的工芸品に指定されました。

しかし長い歴史を織り込んできたこの紬も順風満帆できたわけではなく、第一、第二の紬存亡の危機に見舞われながらも、残された三次郎、妻志ゆん、改石親子は移住の地(白峰村)で、人の手を借りながらも見事再生させました。

両親の執拗なまでの伝統への想いを見続けてきた改石は、父の没後(昭和51年)その意思をつぎ、両親から引き継いだ技術に自分の創意工夫を重ね、紬つくりに没頭していきました。

また後に、志ゆんは、牛首紬の伝統を60年もの永きにわたり守り通した功績で、黄綬褒章を受賞しています。


お仕立て込:伝統的工芸品 手織牛首紬袋帯【松牡丹横取】101223-uf-1

着物新着商品 お仕立て込:伝統的工芸品 手織牛首紬袋帯【松牡丹横取】

参考上代価格   739,584円  (税込)162,864円
sale: 99,792円 (税込)  
...詳細
お仕立て込:牛首うらら帯 【更紗風草花】150508-ukf-3

お仕立て込:牛首うらら帯 【更紗風草花】

参考上代価格   313,184円  (税込)
129,384円 (税込)  
5%還元(5,990ポイント)
...詳細
お仕立て込:伝統的工芸品 手織先染牛首紬【利休茶の鰹縞】101222-ut-2

お仕立て込:伝統的工芸品 手織先染牛首紬【利休茶の鰹縞】

参考上代価格   1,658,880円  (税込)
362,880円 (税込)  
5%還元(16,800ポイント)
...詳細



TOP