着物通販ショップオンラインきもの見本市 | 着物仕立代金込価格

ようこそゲスト

夏黒留袖・色留袖 夏着物

137_138


価格から選ぶ

〜30,000円 | 30,001円〜50,000円 | 50.001円〜100,000円 | 100,001円〜300,000円 | 300,001円〜

黒留袖のお仕立てへ

色留袖のお仕立てへ

 

黒留袖  ミセスの第一礼装のきもの…

黒留袖は祝儀のためのフォーマルなきもの、既婚女性の第一礼装です。
黒地の着物の背中心、両胸、両外袖の五ヵ所に日向紋を染め抜き、裾に絵羽模様を描いた着物で、生地、意匠、加工、彩色等の工夫が凝らされています。
十九世紀初め頃に、黒地染め抜き日向五つ紋の江戸褄を既婚女性の式服とする習慣が広がり、以来この着物を黒留袖と言い習わしています。
現代では主に、結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性が着用するものになっています。

色留袖  ミセスの第二礼装

彩の華やかさを楽しむ「色留袖」既婚女性の第一礼装-留袖は、無地に江戸褄と呼ばれる、絵羽柄になった裾模様のみが描かれているのが特徴です。
黒字のものを黒留袖、黒以外の地色のものを色留袖と呼び分けています。
家紋は背中、胸の左右、後袖の左右の計5つ入れます。
着るときには背中の紋が中心にくるようにすると、美しい着姿になります。
記事や意匠、加工方法、彩色等に工夫が凝らされて、伝統的な紋様からモダンなデザインまで、素敵なものが数多く見受けられます。
昔は、娘時代の留袖を結婚式で着て、その後袖を切って黒留袖にしていたようです。
主に身内の結婚式、お子様のお宮参り等に使われています。

このカテゴリ内には商品はありません。


TOP